「島たこやき」で本場に挑戦! ローカルな食材を使ったビジネス

「島たこやき」でたこ焼きの本場に挑戦!? メジャーなメニューに、ローカルな食材を使ったビジネス店舗

「島たこやき」とは?

「島たこやき」とは、兵庫・淡路島の島たこやき専門店です。

「Eat / Slow Life」をテーマに、淡路近海で獲れたプリプリのタコと、昆布出汁、島魚のすり身が入った、旨味たっぷりの生地は、大きめサイズの”ふわとろ”食感。

が特徴のお店で、大阪・梅田の、
「島たこやき Mike」
というお店で提供されています。
お店の運営は、
株式会社ポトマック
という神戸の会社です。

株式会社ポトマック

「島たこやき」

「島たこやき」「島」は、
淡路島
のことです。

つまり、淡路島の食材を使った「たこやき」ということです。

ただ、淡路島のたこ焼き屋さんを、すべて、「島たこやき」と呼んでいるわけではないので、あくまで、運営会社の「ブランド戦略」だと思われます。
とは言っても、
その地域の食材を使って、新たなブランドで事業を展開する
ということは、地元への波及効果もあると言えます。
他にも、島パスタ島おでんというブランドのお店を展開されておられます。
また、神戸と淡路島は近いですしね。

たこやきのほうですが、見た目もかなり食欲をそそります。

島たこやき
写真引用;「島たこやき」
島たこやき
写真引用;「島たこやき」

淡路島の有名な「たこやき」

■どどーん!あ…足がはみ出てる!淡路名物たこ焼き
淡路島の「たこやき」では、
「たまご屋さんちのたこ焼」
も有名です。

なんと、
タコの足
がはみ出してるんです。
見た目のインパクトもあります。

淡路名物たこ焼き
写真引用;島ノオト https://shima-note.com/gourmet/271/

【補足】明石のたこ焼き

ちなみに、タコの本場、
兵庫県の明石
では、タコ焼きの「明石焼き」は、地元では、
「玉子焼き」
と呼ばれていて、玉子メインの生地を使っています。
また、ソースではなく、おだしでいただきます。

明石焼き
写真;photo-ac

■お出汁香るふわっふわの「明石焼き」。明石のおすすめ店10選

メジャーなメニューにローカルな食材を使ったビジネス

大阪のたこ焼きに、地元の〇〇な食材を使って、〇〇たこ焼きとして提供するって、アイデアとしてユニークですね。
いろんな地域の食材でも、いろんな企画ができそうです。
ただ、この
地元食材を使ったブランドのたこ焼き
で、本場の大阪で勝負をかけるかとなると、勇気が必要となると思われます。

まとめ

・定番のメニューに、地元食材を使って新たなメニューとして提供
・ブランド化することを念頭において商品開発すると、差別化しやすい
・見た目のインパクトがあると話題になりやすい

以上、「島たこやき」でたこ焼きの本場に挑戦!? メジャーなメニューに、ローカルな食材を使ったビジネスについてでした。

タイトルとURLをコピーしました