獲れたてのお魚を直送、「鮮魚ボックス」、評判の地方ビジネス!

取れたてのお魚を直送、「鮮魚ボックス」商品

取れたてのお魚を直送、「鮮魚ボックス」

獲れたてのお魚がセットで送られてくる
「鮮魚ボックス」
が人気です。

複数の種類のお魚を、お任せでつめあわせますので、商品ロスの問題も解消されます。
また。地方の特産物をユーザーに直販することで、流通経路も簡略化できますし、新鮮なお魚が消費者に届けられますので、双方にとってのメリットがあります。

仕組み的には、お魚以外でも、他の農産物でも応用ができそうですね。
一般のご家庭はもちろんのこと、飲食店での需要もあります。
「鮮魚ボックス」は、いろいろな港の商品がありますが、おすすめのひとつは、
長崎漁連の鮮魚ボックス
です。

長崎漁連の鮮魚ボックス うまか鮮魚セット

長崎漁連の鮮魚ボックス うまか鮮魚セット
5種類以上、7~8尾前後の長崎産鮮魚の詰め合わせ。

といっても、この情報は、
おさかな博士の原田 泰希くん(小学校6年生)がテレビ(「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」)で話していた情報です。

サカマ図鑑

お魚といえば、さかな君ですが、原田くんもすごく詳しいです。
その他にも、下記のような鮮魚ボックスがあります。

その他の鮮魚ボックス

愛南漁業協同組合(愛媛県)

愛南町内で獲れた新鮮な天然魚を、お得に詰め合わせ!鮮魚ボックス

魚津漁業協同組合(富山県)

鮮魚BOX(御予算に応じて)3,000円~鮮魚BOX

弁慶丸(漁師さん直送)

漁業組合経由ではなく、漁師さん個人の直販です。

漁師さん直送市場(販売サイト)

魚介類のおまかせ定期便というサービスがあります。

アマゾンと楽天の「鮮魚ボックス」

amazon
下記リンクをクリック下さい▼
  >>■アマゾン 「鮮魚ボックス」カテゴリー

  

下記リンクをクリック下さい▼
  >>■楽天の「鮮魚ボックス」カテゴリー

鮮魚ボックスという着眼点と地方ビジネス

産地直送や、獲れたてのものを直送するということは、
新鮮さ
に魅力があります。
それに加えて、
価格的なお得感
があれば、ユーザーとしても、食指が動きます。
「鮮魚ボックス」の場合、そのネーミングも、なにかそのボックスの中に「何がはいっているのだろう?」という期待感がある言葉の響きがあります。
ネーミングも大切ですね。
いずれにしても、この「鮮魚ボックス」は、なにか惹きつけられるものがあります。

まとめ

・地方の事業者、ユーザー双方にとって、メリットのあるしくみといえます。
・セットで販売することで、商品ロスも防げる。
・「サブスク」(月額定額制)とすることでも、売り上げ面の安定化がはかれる。  

以上、獲れたてのお魚を直送、「鮮魚ボックス」についての情報でした。  

タイトルとURLをコピーしました