日本あんこ協会のイベント、協会でローカルビジネスという発想

日本あんこ協会のイベント観光・イベント

日本あんこ協会とは、、

日本あんこ協会が、11月5日(2020年)から
オンラインイベント「GoToあんこ」
というイベントを開催されます。

「日本あんこ協会」という組織があったんですね。
あんこ好きの人は多いですし、各地にあんこをつかったお菓子もたくさんあります。

日本あんこ協会

あんこに関してのイベントやセミナー、あんこ検定の運営などをされているようです。

ちなみに今回の
「GoToあんこ」
は、
オンラインで、参加者が、地元の人気のあんこ菓子やローカルあんこスイーツを食べながら語り合う
という企画です。
こういった企画があると、地方のあまり知られていないお菓子、スイーツが全国区になる良い機会になります。
ちなみに、ユニークなあんこのお菓子としては、下記のようなものもあります(参考)。

■どじょう掬いまんじゅう
形がとってもキュートです。
どじょう掬いまんじゅう

■切腹最中の新正堂

あんこがたっぷりで、ボリュームのある最中です。
「忠臣蔵」の起こりとなった、浅野内匠頭がお預けになり切腹された田村屋敷跡にあるお店の最中です。
営業マンが、取引先にお詫びの行くときに、持参する手土産として有名です。

協会をつくって、ローカルビジネスと盛り上げるという発想は?!

さて、最近、「日本あんこ協会」のように、
〇〇協会
という団体をよく聞きます。
それで、〇〇協会の会長ということで、テレビのでている人もいます。

このように、
〇〇協会
をつくって、それに関連する商品などを盛り上げておく、ビジネス展開をしていくというスキームがあります。

この方法で協会を作って運営されている
安久鉄兵さん(一般社団法人日本唐揚協会会長)
の本が下記になります。

本業の会社経営の傍ら、好きな唐揚げを広める仕事をされています。
非常に参考になります。
2013年に発売された本ですので、この本に刺激をうけて協会を設立された方もおられるかもです。

日本唐揚協会のつくりかた-オンリーワンビジネスで成功するための思考法

ローカルなビジナスを盛り上げる際も、同様の手法で、
〇〇協会
という組織を立ち上げて、そこを発信源として企画を盛り上げていくという方法もあります。
なにか、フォーマルな組織をいうプラスの印象も受けますので、手法として良いですね。

まとめ

・コロナ禍でイベントの開催が難しいですが、オンラインイベントによる企画という方法がある
・「GoToあんこ」のような企画は、地方の物産を全国区にする為の方法のひとつとして可能性がある
・別の観点ですが、ビジネスモデルとして、「〇〇協会」といったしくみをビジネス展開していく方法もある

以上、「日本あんこ協会のイベント」についての情報でした。

タイトルとURLをコピーしました